シェアする

【広島】クセ毛をゆるめるキュアチェンジ2020年版。

シェアする




こんばんは!
顧客様の90%がクセ毛さん。
広島市中区十日市町ミロワールのクセ毛美容師ニコです。


過去に書いたクセ毛のキュアチェンジのブログ。

私がさせてもらっているキュアチェンジはどうゆうものなのか、ブログで知ってくださったり、来店後に知ってくださりブログを読んでもらえたりします。

なので、過去から進化していることもありますし、初めてされるか方への注意点等も追記して更に詳しく書いてみましたので、最後までみてください(^ー^)

スポンサーリンク
検索

キュアチェンジとは

クセ毛を緩める施術です。

クセがうまく伸びなかったー。。とかじゃなく、お薬も変えて、あえて、クセを伸ばしきらずに日常のお手入れを楽に感じていただく、前向きな施術です!


お客様が気に入ってくださってるキュアチェンジ。



ブログに登場してくださったお客様が、キュアチェンジをする最初のきっかけは

その少し前に来店してくださっていたお母様から初来店の時に、
『娘の前髪が~時間がかかるらしくて難しそうでね~』

って話を聞いたのがきっかけでした。

ニコ
そうなんですね。
私も凄くクセ毛で、特に前髪は気になるけど、アレンジもしたいから縮毛矯正はかけてなくて、
クセ毛を少し緩める施術をしてるんですが、お嬢様にもいいかもです!朝の手入れも早いし楽になるかなぁとおもいますよ!

こんな話をし、その時の私の実際の前髪を見て、すぐお嬢さんも来てくださいました。

キュアチェンジの、イメージ

こんなイメージです。

毛質によっては積み重ねで、下の写真みたいにもなれます。

縮毛矯正ではないので、
毛質によって、というのが、一番大きくて、キュアチェンジが合うかあわないかは

実際に見て、触ってみてというのが前提にはなるので、

上のイメチェンのお客様の時も会ってない状態では『いいかも』と、可能性のお伝えをしました。




キュアチェンジしている私の実感

お客様を施術していて感じるのは、キュアチェンジのリピーターさんは、ブログに書き始めた最初の頃はほとんど前髪。

今では数ヶ月~半年に一度はプラス施術をしながら、全体の髪の毛も、キュアチェンジ。

前髪はすぐ伸びるので全体より頻度が早いのはわかりますし、全体は縮毛矯正とは違うので、気になるまでの期間が長いように思います。

お客様の感想としても、地毛との境がはっきり分からないので、気になりにくい(^ー^)と。

ここで、1つ前とは違うので訂正を。

私自身、いつもは前髪のキュアチェンジをしているんですが、今、違うクセ毛施術の検証の為に、キュアチェンジをせずにすごしています。
(今の私の前髪は参考にならないかも。)

ですが、キュアチェンジを初めて体験される方は、良さを、感じるには前髪がまずは分かりやすいと思います。

髪の毛全体で見ると前髪って範囲も長さも後ろの長さよりは短い事がほとんどで、キュアチェンジ効果がわかりやすいです。

お客様の中には試してみて、後ろはキュアチェンジでは物足りないという方もおられますので、

前髪はキュアチェンジ
後ろはゆるく艶髪ストレート(縮毛矯正)をされてる方もおられます。

キュアチェンジをしてから、もうちょっとストレートの方がいいなって思ったときは、

次回、縮毛矯正へ変えることは、施術上、可能なので、このような選択も私は良いと思います。

※縮毛矯正してる部分を→キュアチェンジに戻すことは難しいです※

クセ毛キュアチェンジの注意点

上にもかいていますが、クセ毛を緩める施術なので、縮毛矯正とは違います。
使うお薬も違います。

キュアチェンジが向かない、もしくは難しい髪質もあります。

事前のカウンセリングやコミュニケーションは更に必須となります。
なので、これからは一度カットやトリートメントやカラー等でご来店頂いて、
髪の毛が濡れた状態、半乾きの状態、完全乾いた状態、それぞれをみての提案にせて頂きますので、よろしくお願いいたします!

クセ毛のお手入れ、キュアチェンジ!

気になったらいつでも聞いてください😊

  こちらはニコの個人ブログです。 ニコへのご予約・質問・商品購入はLINE@からどうぞ。 友だち追加




The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

『大阪→東京→今、広島で美容師をしています。私はクセ毛の悩みを解決したい美容師です。 自分自身がすごくクセ毛悩んで、工夫しての日々でした。今はその日々もあり、色んな工夫の仕方がわかり、お客様にお伝えできています。生かせるクセ毛、縮毛矯正をした方が楽なクセ毛、十人十色です。 是非一度、髪の毛、見させてください!
スポンサーリンク
検索
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。