シェアする

広島市のゲストハウスへ振袖着付けのお手伝いに。

シェアする





こんばんは!
顧客様の90%がクセ毛さん🎵広島市中区舟入のクセ毛美容師ニコです。

今日は私の着物の師匠について、ゲストハウスへお仕事へ。

『一緒にいきませんか?』と、誘って頂けました。

師匠についていくってゆうだけで、現場だし、緊張しました😁

やはり美容師だから、着物ヘルプより、写真とるときの髪の毛への対処この方がスムーズにできる、私でした。

凄く明るいお客様方で、着物のように、各国で、昔からある衣装も見せてくださいました。

今日の師匠のお仕事は、応用編も含まれていて、勉強になること満載、

正に私、美容師になった一年目の事を思い出しました。

そして、よく考えたら、、

いつもお稽古で教えていただいてるけど、師匠がお仕事で、お客様へ着付けしているのは初めて見たのです。

素敵だった😊





美容師の仕事においては、お客様(相手)に安心してもらえるように、というのは常日頃、身に付いて自然に心がけができるけど、

着物のお仕事においては、まだまだ自分の技術への意識の方が大きすぎて、

立ち居振舞い、目の表情が 全然だな私。と、自分ではしっかり感じてきたのです。

いつもお稽古しながら、苦戦したりしてますが、
現場に入らせてもらうことで、初めての技術や、初めての帯アレンジを見れて、着物着付けの感激する部分を間近で見れて、とても楽しかった!
(緊張はしたけど、、)


あ、ちなみに、今日1番堂々としてたのは、着物の時のメイクについての質問を受けたときでした。

質問された瞬間に、自分に美容師のスイッチがカチっと入った音がしました😁

と、いうことで、更に、ちなみにいうと。

振袖等の鮮やかな色や、しっかりした濃い色、沢山の刺繍がある場合、

メイクするときのお肌の作り込みは、若干しっかりめに作った方が、着物も、自分自身も映えます。

肌の作り込みがナチュラル過ぎると、着物の素材や色味に押されてしまって、顔がぼやけてしまいます。

『若干しっかり』これがポイントです!

肌をしっかりつくりすぎると、今度、違和感でるので、

いつもより、若干だけしっかりめ。

これ、ポイントです😊

では、引き続き、着物がんばりますー!

写真は頂いたら、張ります🎵

ご予約や質問はLINE@からどうぞ(^^)↓↓

友だち追加




The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

『大阪→東京→今、広島で美容師をしています。私はクセ毛の悩みを解決したい美容師です。 自分自身がすごくクセ毛悩んで、工夫しての日々でした。今はその日々もあり、色んな工夫の仕方がわかり、お客様にお伝えできています。生かせるクセ毛、縮毛矯正をした方が楽なクセ毛、十人十色です。 是非一度、髪の毛、見させてください!
スポンサーリンク
検索
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。